ギフトや個人的に貰うプレゼントは、とても嬉しくありがたい物ですが、中にはありがた迷惑なものもある。

最高のギフトとは心のこもったプレゼントです。

有難いギフトやプレゼントとそうでないもの

最高のギフトとは心のこもったプレゼントです。
ギフトやプレゼントと聞くと、何が入っているのだろう、とワクワクする気持ちが起こると考える人が多いと思いますが、時と場合によっては、人を怒らせたり或いは、貰った人がありがた迷惑なものもあるのです。
例えばご主人の誕生日に、奥さんが用意した品よりも、誰か他人に貰ったプレゼントの方が高価だったり、ご主人の気に入った物だったりしたらどうでしょう。
奥さんは当然、面白くないのではないでしょうか。しかもそれが、誰か外の女性だったりするとなおさらです。
また、ご主人がお酒を控えているのに、ギフトにお酒が入っていたら、嘆息すると思います。
その場合は、他の誰かにあげてしまう方法もありますが、せっかくのもらい物なのにと、ガッカリします。

中国では面白い話があるそうです。
昔貧しかった頃、人々は他人から何か贈り物をもらうと、それを取っておいて、別の人にあげるそうです。
そうしたことを繰り返しているうちに、その品物がもともと持っていた人に戻ってきた、という笑い話です。
日本人はあまりそうした事はしませんが、不要なものはやはりたらいまわしになる訳です。

しかしこうした事は、ギフトやプレゼントをした方の人の本意ではないのですから、贈る方ももらう方も、できるだけ商品を有効に生かしたいものです。
そうした場合に必要なのは、できるだけ誰にでも喜ばれる普遍性のある商品を選ぶか、また個人的によく知っている人なら、相手の嗜好を十分熟知し、しかも他のご家族の意にも沿う品を選ぶべきでしょう。

イチオシサイト

Copyright (C)2017最高のギフトとは心のこもったプレゼントです。.All rights reserved.